本文へスキップ

弘前医療福祉大学 保健学部

将来に向けて保健医療福祉の場で活躍できる人材育成

弘前医療福祉大学 保健学部 看護学科のホームページへようこそ

ごあいさつ

矢嶋学科長  

 看護とは「人々に寄り添う」といわれ、病にある方々に寄り添うように支えるとされてきました。
現代は、健康な時から病を防ぐ「未病期」からのかかわりも重要な看護の役割になっています。
当看護学科では、こうした社会の健康・医療のニーズに応えられる高度な専門性を有した看護職の育成をめざしています。
また、地域に貢献できる専門職の育成は開学時より一貫した取組でもあります。
地域での様々な学習体験を通して、世代を超えた地域の人々との関わりの中から多様な学びが得られる機会にもなっています。
皆さんの学ぶ場はマララ・ユスフザイ氏の求めた「one teacher, ,one pen, one note」もない環境ではありません。
学習できる環境を大いに享受し、大学で学ぶということの意義を見出し、「人々に寄り添う」看護職としての目標に向かって欲しいと考えます。
大学生活の中では、人と人との関係づくりの大切さを学び、その中で豊かな人間性を育くまれることを期待しております。


バナースペース

弘前医療福祉大学
保健学部 看護学科

〒036-8102
青森県弘前市小比内三丁目18番地1

TEL 0172-27-1001
FAX 0172-27-1023